GRANOFF

GRAN-OFF TOP > GRAN-OFF Style > 大人の焚き火

大人の焚き火[実線編]
美しい焚き火を育てる。
美しく燃える焚き火を育てるためには知識とコツも必要です。今回は焚き火台を使用した、自然にやさしい焚き火の育て方をご紹介します。
焚き火のおこし方
 
火がつきやすい小枝や枯葉を重ねます。着火剤などを利用すると簡単に火がつけれます。   トーチ等で火をつけます。あらかじめ太い薪を周りに積んでおくとよいでしょう。団扇や火ふき竹で空気を送りながら火力を強めます。
 
着火したら、薪や枝を徐々に太くしていきます。空気が薪の間に入り込むよう、格子状に重ねていくのがコツです。   薪を足しながら美しい焚き火を育てていきます。薪の位置をずらしたり空気を送ったり、こまめに世話をしましょう。
焚き火をコントロールする
焚き火は、あまり大きくならないように注意し、上手に火をコントロールしながら焚き火をしましょう。
必要以上に大きな火は危険です。

! ダイオキシンが発生する塩化ビニールやポリ袋、発泡スチロールなど不燃ゴミは絶対燃さないようにしましょう!
火力が落ちたときは
火力が落ちたときに太い薪をくべてもくすぶってしまいます。太い薪を燃やすほどの火力は無くなっているので、まずは細目の薪を供給して、うちわ等で空気を供給し徐々に回復させましょう。
焚き火の消し方
焚き火を楽しんだ後は、しっかりと美しく焚き火を終わらせることも大切。燃え尽きた真っ白な灰の状態にすることがベストですが、最後は必ず水をかけてしっかり消火するようにしましょう。その際、水を一気にかけると灰が舞い散るので注意しましょう。 灰はビニール袋などに入れて持ち帰るようにします。焚き火台を使っていても燃えかす等がまわりに散らばりますから、それらも全て拾って持ち帰りましょう。

来た時と同じようにして帰るのがマナーです。


これからは、地球に優しい焚き火を
ホウリー・ウッズ 久留里キャンプ村

ホウリー・ウッズ 久留里キャンプ村

 HP:http://www12.ocn.ne.jp/~holywood/
当キャンプサイトの土壌は腐葉土であり、この上で直火をすると山火事の原因になります。また、腐葉土の中には沢山の微生物やカブトムシ・クワガタ・モグラ等の動植物がいます。直火をするとその熱でこれらの地中の生物が死に、土も活力を失い赤茶色の土となります。つまり土が死んでしまいます。こうした土壌は数十年かからないと元に戻らない場合が多いのです。
現在は、使いやすい様々な種類の焚き火台が市販されていますので、ぜひそれらを使用して地球に優しい大人の焚き火を楽しんで下さい。
ホウリー・ウッズ 久留里キャンプ村  管理人 藤平 昭彦さん
ホウリー・ウッズ
久留里キャンプ村 
管理人 藤平 昭彦さん
GRANOFF

(c) Mitsubishi Motors Corporation. All Rights Reserved.

Gran-Off Style vol.21「大人のための大人による 焚き火鑑賞のススメ。」