GRANOFF

GRAN-OFF TOP > GRAN-OFF Style > コーヒーの愉楽。

Gran-Off Style vol.20「Gran-Off流コーヒーの愉楽」アウトドアでのコーヒーにこだわる。
アウトドアに最適なパーコレーター
アウトドアでコーヒーを楽しむためには、手軽に本格的なドリップコーヒーが楽しめるパーコレーターがお奨めです。パーコレーターで美味しいコーヒーをいれるためのポイントをご紹介します。

パーコレーターの使用方法
1
本体から全てのパーツを取り出す。
3
プレートフィルターに通常より少し多めの粗挽きコーヒー豆を入れ(3カップ分なら4〜5カップ分の豆を)、振って細かい粒子を振るい落とす。
5
ガラス部分からコーヒーの色を確認する。
 
2
本体にカップ分の水を入れて火にかけ沸騰させ、いったん火を止める。
4
プレートフィルターを本体に戻し弱火にかけて抽出する。

POINT:あまり長時間火にかけていると煮詰まったり雑味が出てきます。

パーコレーターの仕組み
水とコーヒー豆そしてシングルバーナーなどの火があれば、キャンプ場や河原、海辺など場所を選ばずにドリップコーヒーが楽しめるパーコレーターはアウトドアに最適です。原理はシンプルで、沸いたお湯が圧力で本体のチューブを上がりふたのガラスに跳ね返り、プレートフィルター全体にお湯を注ぎ循環するという構造で、ガラスの部分で色を確認しながらお好みの濃さのコーヒーが作れます。

パーコレーター用の豆の挽き方
パーコレーターを使用する場合は、粗挽きの豆が適しています。「パーコレーターのコーヒーはおいしくない」という人はこの挽き方を間違えていることが多いのです。中挽きや細挽きの豆を使うとコーヒーの中に粉が入り込んでしまったり、余計な雑味成分が出て美味しくありません。

自然の中のスローな時間を楽しむ。
GRAN-OFFが提案するのは、豆にこだわり、水にこだわり、コーヒーを飲むシチュエーションにまでこだわった大人のための愉悦のコーヒータイムです。SUVでアウトドアフィールドにアクセスし、パーコレーターのぽこぽこという音に和みながら、ゆったりと自然を感じる贅沢な一時。こだわりのコーヒーをさらに美味しくするのは、そんな心のゆとりです。ご夫婦で、家族で、今週末は大切なあの人とGRAN-OFF流至福のコーヒータイムを過ごしてみませんか。


Gran-Off Style vol.20
GRANOFF

(c) Mitsubishi Motors Corporation. All Rights Reserved.